近畿道の駅

近畿道の駅連絡会

事業概要について

「道の駅」は、安全で快適に道路を利用するための道路交通環境の提供、地域のにぎわい創出を目的とした施設で、「地域とともにつくる個性豊かなにぎわいの場」を基本コンセプトにしています。また、「道の駅」は3つの機能を備えており、24時間無料で利用できる駐車場、トイレなどの「休憩機能」、道路情報、観光情報、緊急医療情報などの「情報 提供機能」、文化教養施設、観光レクリエーション施設などの地域振興施設で地域と交流を図る「地域連携機能」があります。駅ごとに地方の特色や個性を表現し、文化などの情報発信や様々なイベントを開催することで利用者が楽しめるサービスも提供しています。「道の駅」の設置者は市町村等で、国土交通省道路局に申請し登録します。

「道の駅」シンボルマーク

「道の駅」は、訪れるドライバーのためにも、地域の 方々にとっても親しみやすい潤いある交流の場であって欲しいということから、
全体を“木”と“家”をモチーフにして構成されています。

左側: 駐車場と樹木2本で緑あふれる安らぎの空間をイメージ
右側: 建物と人(人の形はインフォメーション[information]の“ i ”を形取っています。)で単なる駐車スペースだけでなく、案内・地域情報の発信等の機能を持っているという意味
木と駐車場と道路が“道”のしんにょうのイメージしたものとなっています。

※「道の駅」および道の駅のシンボルマークは登録商標です。

Page Top